高圧洗浄機はモーターによって水圧を生み出し、それを活かして勢い良く水を吹き付けることで、汚れを落とすお掃除アイテムとなっています。
その為、商品選びの際は水圧に着目するものですが、洗浄力だけでなく付属パーツや、追加できる選択肢の豊富さもまた重要なポイントです。
基本的な比較ポイントはやはり、水圧と音の大きさや可搬性などで、使いたい用途にどれだけマッチするかに焦点が当てられます。
しかし、高圧洗浄機はアタッチメントパーツで使い道が広がりますから、何が付属しているか比較検討することも大切なところです。
ランスはピンポイントで汚れを落とすのに有効で、手元に1つは置いておきたい定番のパーツです。
比較の際に注目するのは、拡散範囲が固定されているかあるいは可変機能を有しているかで、頭の中で用途をシミュレーションするとどちらが希望に合うかが分かります。
広角タイプは一度に特定の範囲内を洗浄できますから、これがあると高圧洗浄機が例えば壁のような場所の洗浄に対応します。
可変タイプのランスは、点と面の間で範囲が変えられるので、汚れの種類や洗浄対象に合わせて適応させられます。
ブラシも1つあるととても便利なパーツで、四角いデッキブラシは地面や床掃除の場面で真価を発揮します。
軽く擦るだけで、高圧洗浄機の水圧との相乗的な作用が発揮され、結果的に気持ち良く汚れを洗い流せるでしょう。
タイル張りのような床や壁面には、回転して溝の汚れを掻き出す、回転ブラシを組み合わせると高圧洗浄機の魅力がアップするはずです。
水圧と回転を加えた摩擦が組み合わさるので、手動で擦るデッキブラシとはまた違った洗浄力が手に入ります。
使える高圧洗浄機は限られますが、サンドブラストパーツが手元にあると、錆落としや塗装剥がしといった場面で役立ちます。
サンドブラストは水圧で砂を吹き付けますが、対象物を傷付ける心配はほとんどなく、錆汚れや剥がれ掛かった塗装だけを落とすことができます。
パーツの種類は多く1つずつ比較するとなると大変ですが、用途や使用に適した場面は異なるので、比べることによって活用可能なパーツに出合えます。