高圧洗浄機の主な使用目的は、対象物の洗浄や清掃を行う点にあり、今までは手作業で重労働であった清掃を短時間でしかも楽に行うことができるメリットが存在します。一般的にも家庭に一台存在すれば、様々な場所やシーンで利用することもでき重宝されます。
もっとも高圧洗浄機の種類は多数存在しますが、参入しているメーカーも多彩となるのも事実です。一番、選ぶ上で比較すべきポイントは性能面を重視することがポイントになります。
まず性能面においては動力のタイプがあり、この動力が何かを見ることが重要です。勢いを作り出す上ではモーターによる動力が重要で、その種類にはインダクションモーター・ユニバーサルモーター・エンジンの三つに大別されます。
この動力の比較においては、エンジンは軽油・ガソリンを燃料とするので業務用のパワーに優れているのが特徴的になります。インダクションモーターやユニバーサルモーターは電力を動力とするタイプになりますが、前者は騒音が静かで、後者は騒音が大きいのが特徴的です。
もっとも一般的に選ばれることが多いのは、インダクションモーターの方で耐久性や寿命も長いことで家庭でよく選ばれるタイプになります。他に比較すべきポイントには、水道直結型かタンク型かの二つの型式が存在する点です。
水道直結型は蛇口に直接的に取り付けて水を噴射する構造になり、タンクが存在しません。そのため水を溜めるタンクが存在しないので、重さを感じずに軽く使うことができるメリットがあります。
お年寄りや子供が利用する上でも最適になるのが、水道直結型です。逆にタンク型の場合には、一時的にタンクに水を溜めてそれを噴射する形になり、タンクの水を運べばコードレスで使うことができるメリットが存在します。
場所を気にせずに蛇口がない場所で使うことができる点がメリットです。これらの動力や型式の違いを踏まえた上で、洗浄力・静けさ・サイズ重さ・水道代などのランニングコストを比較し違いを把握して、目的にあった高圧洗浄機を選択することがポイントになります。