高圧洗浄機は東日本と西日本で使える機種が異なることがあります。東日本は電気の周波数が50Hzで、西日本は60Hzになっているからです。中部地方は50Hzと60Hzの境目になっているので、電力会社に問い合わせるのが確実です。しかし高圧洗浄機を比較するときに最も大事な要素は水圧です。水圧が強ければ頑固な汚れも落ちやすくなります。高圧洗浄機には最大吹出圧力と常用吹出圧力が表記されています。最大吹出圧力というのは製品が出力できる最大の数値で、常用吹出圧力というのは常に安定して出力できる数値のことです。できれば常用吹出圧力の数値を基準にしましょう。高圧洗浄機を使用するときは稼働音もチェックして下さい。あまり稼働音が大きすぎると、近所迷惑になることもあるからです。一般的には空冷式よりも水冷式の方が稼働音が小さいと言われています。高圧洗浄機の水圧は重さに比例しており、水圧が強くなるほど重さも増えていきます。従って持ち運びを重視するのであれば、サイズが小さくて軽い製品の方が良いでしょう。高圧洗浄機は強い水圧が魅力ですが、ホースが長すぎると水圧も弱くなってしまいます。またホースが短すぎると使いにくくなります。まずは自分が掃除したい場所を確認し、最適な長さを知りましょう。高圧洗浄機はどこでもスピーディーに洗浄できますが、家の掃除程度なら小型の製品でも十分ですし、自動車の洗車をしたいのであれば強い水圧が必要となります。高圧洗浄機はアタッチメントを交換できるようになっていて、幅広い用途で使用できるようになっています。水圧を調整できるバリアブルノズルや、広い範囲を洗浄できるロータリージェットノズルなど、様々なアタッチメントを付け替えて対応できます。それぞれのアタッチメントを単品で購入することもできますが、初めからセットになっている製品もあります。もし初めて使うならセット品を購入するのがおすすめです。