人気のお掃除アイテム高圧洗浄機は、本体の性能だけでなく、組み合わせるパーツによって使い勝手が左右されます。
ガンタイプのグリップは、手の馴染みと使いやすさを決定づけるアイテムで、形状やトリガーの引きやすさが比較ポイントとなります。
大きいタイプは手の小さな人には使いにくいですから、無理なく握ることができるか、またホールド感に問題はないかなど、実際に手に持って確認したいところです。
価格は手頃なものだと2千円ほどなので、後から買い足すパーツの筆頭候補になりますし、高圧洗浄機と一緒に手元に1つ置いておくと便利です。
一方では、長さの異なるホースも定番のパーツの1つで、高圧洗浄機に対応するロングタイプがおすすめできます。
ホースは引きずって使用する形になることから、数あるパーツの中でも消耗度合いが高く、早く傷むケースが少なくないです。
しかし、消耗品だけあって手頃な価格の商品も存在するので、比較しながら予算や用途で選べます。
本体を持って入れないところには10mタイプ、逆に狭い場所なら5mタイプが使いやすいでしょう。
拡散可変ランスは名前のように、水を拡散する形で対象に吹きつけることができる、こちらも1つあると便利なアイテムです。
水圧を調整できることから、強力な水圧に耐えられない対象物や、広い範囲を効率的に洗浄したい時に役立ちます。
壁面や床にも使える柔軟性の高さを備えますし、車のようなややデリケートな対象物にも使いやすいので、手元に置くと高圧洗浄機の活躍の機会が増えます。
床を掃除する機会が多いのであれば、擦りながら水圧で汚れを洗い流せる、デッキブラシパーツが狙い目です。
ブラシで浮かせた汚れが直ぐに流れるので、汚れの落ち具合が一目瞭然ですし、確認しながら効率的に作業が進められます。
延長パイプや回転ブラシにサンドブラストパーツなど、他にも高圧洗浄機で使えるアイテムは豊富ですから、比較して必要なものを揃えつつ買い足して行くのが理想的です。